過去の恥ずかしい記録をまとめました。

デジタル降魔録TOPページ




-過去ログは古い順に並んでいます-

2008年10月4日(土)

朝も早よからバカやってます・・・

進む   

 う~ん。今日も午前4時起きか・・・。と言うか、夜になると頭の回転が悪くなり全然働かん。でも、早朝は眼が覚めるやいなやフル回転で調子がすこぶる良い。

 今、午後3時過ぎ。パソコンに張り付いて11時間が経った。その合い間を縫ってこのページを書き込んでいる。アホですな。多分まもなくぶっ倒れるでしょう。


 さっき、作業の合い間にピカード艦長を引っ張り出した。と書いても知らない方には何のこっちゃ?ですね。

 我が家は例のガネーシャに頂いたフィギュアが狭いパソコン部屋をかなりの範囲で占領していたが、このあいだの部屋の模様替えで大半を押入れにしまい込んだ。しかしこのピカード艦長のロキュータスはできが良いのでガラスケースの中に鎮座している。
 あ、云っときますが、美少女フィギュアは一体も無いので期待しないでください。

 ピカード艦長のロキュータスってなんじゃ?
と思われる方に簡単に説明しよう。(←ヤッターマン風にどうそ・・・)

 ロキュータスのフィギュアとは・・・。
 スタートレック〝ネクストジェネレーション〟で活躍する宇宙船USSエンタープライズDのジャン=リュック・ピカード 艦長がヴォーグに捕らえられ、同化された時を記念(?)して作られたフィギュアのこと。

 実物は〝これだ〟(←ザ・ベストハウス1・2・3(フジTV)風にどうそ・・・)



ま、ここでわざわざ書かなくても、ワタシはトレッキーですよ。ああ、そうですよ。どっぷり浸かってます。もう抜け出すことはできませんですら・・・。開き直りです。

 暴走は終わったんかいな?  ( ̄Ⅱ ̄;) まだっす・・・







2008年10月10日(金)

困った時は・・・

進む  戻る

 時々話題に上っている〝西宮文学全集〟の編集長からメールが来た。それによると、11月号は作家陣全員が同じテーマで原稿を書くように、とのお達しだった。で、そのテーマというのが『誕生日』だった。

 こまった・・・・・。

 ワタシには誕生日が無いのだ。
 ワタシはある研究室の試験管の中で、一つの細胞が二つに割れ・・・『早く人間になりたぁ~い』の妖怪人間・・・なのだ・・・ということではない。(ちなみに〝なのだ〟と書くと、〝バカボンのパパ〟を連想するのは気にしすぎかな?)

 ワタシには誕生日が無いのだ。
 プロフィールを見ていただくとお判り頂けると思うが、クリスマスに近いために子供の頃から誕生日=クリスマスとなっており、鶏の〝ももた〟を頬張らされていた。

大阪では太ももを〝ももた〟と言います。


 だから誕生日らしきものは記憶に無い。

 こまったな・・・

 それを書きゃいいんだがや・・・  ( ̄Д ̄;) ォォッ





2008年10月16日(木)

ひみちゅ・・・

進む   戻る

 10月から、もう少し賢くなろうよという企画が仕事場で始まった。
 いままで作ってきていた制御ボード(基板)はすべて、相手のタイミングに合うように、あらかじめこちらでプログラムしていたが、そうではなくて、相手の動きをこちらの制御ボードが学習して、自動的にタイミングを合わせるモノが出来ないかという企画。

 これがうまく完成すると、異なるタイミングの相手が現れても、最初の1回だけ見本を学習させるだけで、次からはそれに合ったタイミングで動き出す。そしたらタイミングを合わせるだけでやっていたプログラムの作業時間が要らなくなる。プログラムに詳しくない人でも、簡単にインストールできる。すげー画期的・・・。まだこちらの業界では出ていない。

 で、それは何だ?と言われると困る。それをここに書くと、恐らくこのホームページは即閉鎖。

だったら書くな! 

 わかったよ。じゃ初めから書き直し・・・
 10月から仕事場では新しい企画がスタートした。・・・・・・・おしまい・・・。


 あかんがなこれでは・・・。デジタル降魔録では無くなるがな。
 デジタルなことを書かなければここのホームページの意味が無くなる。ただでさえ最近は変な方向へ暴走しているというのに。
 ここへ書くことで、同じようなことをやっている人が見ていて「あっそうか・・・」と、何かのヒントにしていただけたら、それはそれで、めでたしめでたしです。また、自分もウソは書けないので慎重に考えるでしょ。そしたらとんでもない間違いを発見するかも・・・ね、一石二鳥なのでしっ!

 タイミングを取る信号は4本のセンサーで読み取って、入ってきた順に同じタイミングで4つの出力から出す。1mS(1000分の1秒)以下の誤差は大丈夫なので、250μS(4000分の1秒)でサンプリングして最初に検知した信号から順に信号の変化を読み取り、記憶するという処理を4個同時に走らせて学習させる。記憶したら、こんどはその記憶どおりの順に同じタイミングで信号を出力する、というもの。これをPICにやらせる。
 なんでそんなことをやるのかというと、入力信号が無い時でも、制御ボードが同じ信号を出すことが出来るようになるでしょ・・・むふふ・・・。あとは秘密・・・。

 面白そうでしょ・・・って、思うのはやはりデジタルな人だけでしょうね。

 ワクワクして夜も寝られんのは・・・あたしだけ?  (^。^;) ウハハ・・・







2008年10月18日(土)

サイクリング、サイクリング・・・やっほ~♪

進む   戻る

 昨日の朝、通勤に使っているチャリンコの油が切れたらしく「ギー、ガタ。ギー、ガタ」 と大きな音を出して、めちゃくちゃ恥ずかしかった。すれ違う人が、そんなボロ乗っとらんと、新しいのと買い換えろよ、といわんばかりの眼で見て行く。
〝いや、昨日まではちゃんとしてたんですよ・・・朝乗ったらこうなってたんですわ・・・〟と言い訳を心の中でしながら仕事場へ・・・。

 そうです。ワタシはチャリンコ通勤なんです。

 昔は実家から電車やクルマで通勤していたが、そうなるとどうして避けられないイベントがあるでしょ。そう、通勤ラッシュというやつ・・・。
 あたしゃ、この通勤ラッシュというのが死ぬほど嫌いで、だから仕事場の近くに引っ越した、というほどの人間。やっぱり気ままに通えるチャリンコは良いねぇ~。

 デジタルの話を書かなければいけないのに、アナログ的な自転車の話ですんまへん。あ、別に古臭いとかでアナログと書いたんぢゃないよ。自転車のペダルの円運動は完璧な正弦波で、立派なアナログ波形ですがな。
 じゃ。デジタルな自転車ってどうなるのかな?
 すぐに思いつくのが、足を回転させるのではなく、上下に上げ下げして階段を歩くような運動で移動できればデジタル自転車と呼べるでしょ。早く走りたい時は上下運動の高低さを引き伸ばせばいい。体重も掛けられるので回転運動より楽かな?

 タイヤの回転がアナログ的な円運動のままなのでやっぱ無理か・・・。

 いやいや。CDプレーヤーだって回転運動でデジタルデータを読み出しているのだから、いいんぢゃないかな?

 なんてことを考えているので、夜寝れないんだなこれが・・・。
( これ書いている今、またまた午前4時です・・・ (T◇T)


 ちなみに・・・。
 その晩、チャリンコ君とワタシは油とアルコールを挿してもらい、ルンルン気分で帰りました。

飲酒運転でっせ・・・。


乗って帰ったとは書いてないがな。   _φ( ̄▽ ̄)ノ ネェ~・・・







2008年10月20日(月)

在宅勤務・・・

進む  戻る

 今週の休日は持ち帰り仕事をしただけで終わってしまった。
 あぁ~、むなしい。
 西宮文学全集さんに提出する原稿も書けなかったし、頼まれているカーショップさんのホームページのリニューアル案も考える暇が無かった・・・。「Flash PICで遊ぼう」の次のゲームも構想は出来上がっているのに手もつけられなかった。

 なぜ持ち帰り仕事ができるか・・・。問題はここにありますな・・・。

 同じような職業の他の会社はどうなのか知りませんが、小さなワタシの職場では万年人不足でひとりの担当範囲が広い。例えばワタシの場合はソフトウエア(プログラム)とハードウエアの両方やらされているし、それ以外にも基板のアートワークもやっている。
 こうなると、出来上がったモノに一番詳しい人間となるので、その説明やパーツ(電子部品)選択の担当を任される。なので、今日は集中的にプログラムを組むぞ!なんて気合を入れてやっていても「おぉ~い、あんた担当のパーツ屋さんが来たぞぉ~」てな調子で部品の営業マンさんの相手をさせられる。

 やっと終わって、さぁ集中するぞ!と頭にハチマキを巻いて〝フン〟と気張っても、「〝ぺに〟さん。サポートお願いします」って、女子に無理やり電話を代わらされて製品操作の電話サポートするはめに・・・。

俺じゃなくても出来るやろ・・・ 凸(-","- ) プンプン。


 よし、こんどこそやるぞ!って、キーボード叩こうとするとすると・・・。「お昼食べよ~」って、〝もう、昼かい!何んも出来ひんかったやんか・・・〟となる。

 社長!、環境最悪っす。もうすこし集中できる時間をくらさい。

 時間は作るもんや・・・


 だから、休日を利用して仕事するしかないんです。

 自宅のパソコン部屋だと電話も鳴らないし、邪魔する人も来ないので、超集中モードに切り替わり、ものすごく仕事がはかどる。

 社長ぉ~。やっぱ在宅勤務に替えて下さい。

もう、会社来んでエエよ (By社長)   ( ̄△ ̄;)エッ・・ 







2008年10月21日(火)

社長決裁・・・

進む   戻る

 今朝こそ、朝一からプログラム作りをするぞって、気張って出社した途端に社長から呼び出され、次の開発基板のパーツを決裁するから、ちょっと来て・・・となった。
 別にいまやらんでもエエんちゃうの・・・とは言えないので、へいへいと言われるままにパーツリストと配線図を持って社長の前に・・・。

 この部品は高いからもうちょっと違う回路に変えてくれとか、この機能が入って無いやんかとか散々叩かれた。

 あの~。もしもし?

 その機能は要らないから省略してもオーケーって言ったのは、あんた・・・・・。
いや、あなた様でございますのよ。ょょょ・・・.

普段、丁寧語は使わんので、とっさには出てこない・・。


 部屋に戻り、回路図とにらめっこをすること1時間、取り合えず取っ払った機能を再構築して、フォトカプラでスイッチングしている部分を安価な小信号用のトランジスタに交換、それに伴って抵抗も数個追加することにした。これでパーツの値段は少し安くなる。
 社長の決裁はこれでOKが出ると思うが、実装部からは絶対にクレームが入るのは確実。ひとつの部品で済むところが、十数個の部品になるからね・・・。

 社長様の仰せの通り、パーツコストを下げましたが、逆に実装費が上ります。実装部の人たちの精神的苦痛を軽減するためには、いつ使うか判らないような機能はやっぱり削除して、もとのパーツに戻した方がいいのでは・・・と直訴したが〝これでいい〟とのお返事。

ワテは知らんからね。  ( ̄曲 ̄) フン!






 プログラムを組み出したのは案の定、昼過ぎになっていた・・・。

明日こそプログラム作りに専念させてくれ!







2008年10月24日(金)

めでたい時は・・・

進む   戻る

 一週間ほど前に書いていた、相手のタイミングを学習して、それに合わせて動き出すという制御ボードのプログラムが進んできた。
 なかなか集中させて貰えなかった割には、いい感じの出来具合。

そら、フローチャートやメモリの割り振りやらを自宅でやってきてますからね・・・。


 いままでは、信号のタイミングを計測して、その通りの信号が出るようにプログラムしていたが、その手間がウソのよう。ポンと学習ボタンを押すと、瞬時にタイミングを計り、同じ動きを学習した通りにやってくれる。学習データは電源が切れても消えないメモリ(フラッシュEEPROM)に書き込まれるので電源を切っても安心。消えることは無い。再び電源を入れると、学習データを読み出し、自動的に立ち上がって同じ動作をする。

 あぁ。早くこれを作っておけばよかった。
 あぁ~。楽だ・・・。 
 やっぱ、人間はぐうたらにできてますね。

 しかし、出来たからよかったものの。出来なかったらこの1~2週間が無駄になるところ。そうなっていたら、社長から大目玉喰らったのは間違いないはず。

 結果良しとして。今日はお祝いにビールでも呑むか・・・。

出来なくても呑んでただろね。  ( ̄ー ̄)v ブイ!






2008年10月30日(木)

夢のような、現実のような?・・・

進む   戻る

 久しぶりにしっかりとした夢を見た。
 しっかりとした夢ってへんな表現だけど、起承転結がちゃんとあってストーリーがしっかりと出来上がっている夢って時々見るよね。見ない?ワタシは見るよ。眼が覚めて思わず「あ~おもしろかった」って呟くようなのをよく見る。

 ところが、昨日見た夢はおもしろいというのではなく、妙に現実的で〝こんなん夢ちゃうやん〟という夢だった。

 場所は20年ほど前の実家でのこと・・・。あっ、もう夢の話に入ってますので・・・。

 いつものように実家からクルマをスタートさせると駅前の通りを迂回して踏み切りを渡るコースを走り出した。自転車なら駅前へ向かう一直線に伸びている道を走って4~5分で同じ踏み切に出るが、クルマだと逆行きの一方通行になって通れないので、信号を二つ越えて大きく迂回することになる。ただ、二つの信号に運悪く引っかかったとしてもクルマなので時間は同じく4~5分で駅前に出る。だからどちらでもかかる時間は同じぐらいだ。

 クルマをスタートさせてチラッと搭載されているデジタル時計を見ると、ちょうど午後4時だった。クルマは案の定二つの信号に引っかかり少しイライラしていた。最後の信号を抜けて駅前が見えそうなところまでやって来ると、何やら大勢の人だかりが・・・。
 徐行をしながら近づくと、大勢の学生が歩道を溢れ出し道を大きく塞いでいた。クラクションを鳴らしながら駅前通りに侵入したが人ごみでなかなか進めない。かなりイライラする光景だったが、クルマはゆるゆるとではあるが進んでくれて、ようやく踏み切りに差し掛かった。〝だいぶ遅れたゾ〟と思って時計を見ると4時13分だった。やっぱり8分遅れたか・・・と少しがっかりしたところで眼が覚めた。

 何が〝妙に現実的・・・〟なのかというと。夢に登場する人ごみ云々ではなく、この時間ですね。4~5分でいけるところが13分も掛かって、ちょっとイラついたというところ。これが現実で同じ状況でも、当然ワタシの性格なら少しイラつく。

 でもこれは夢なんです・・・。

 この4時13分という時間はどうやって脳の中で求められたのか、その部分がすごく興味ある。駅前に着くのが8分ほど遅れたんだけど、なぜこの8分という数字が出てきたんだろう。夢なんだから1時間でもいいし、いきなりとんでもない場所にワープしてもいい。なんならその学生の中にとけ込んでしまってもいいよな。でもリアルに8分遅れて少しイラつきながら踏み切りを渡ったというだけの夢。

 8分遅れると自分はイラつき出すのだろうか。過去のデータ(記憶)の中から照らし合わせて、8分遅れると自分はイラつき出す、だから4時13分に駅前に到着するように夢台本を拵えて、その中に登場するエキストラ達に〝もっと道に広がれ〟っていう指示を出していたというのだろうかね?

 そう考えると、夢っておもしろいね。

絶対、脳の中に台本書いてる奴が居ますな・・・。  ヾ( ̄p ̄) オイオイ







2008年10月31日(金)

ワタシの連休が行く・・・(その1)

 戻る

 昨夜、4月に作った弁護士さんのホームページを担当している方から電話が入った。少し焦っている様子の声で、11月の更新をしたらすべてのページが表示されなくなったという緊迫した内容。
「すべてって? ホームページ全部ですか?」と訊ねると、電話口の向うから弱々しく〝そうだ〟という返事。
 〝え~。そんな馬鹿な〟
 「何をしたんですか」ともう一度訊ねると、ひとつのページを新しく作ってプレビューしたら、おかしな表示になったらしい。そこで、ローカル(パソコンのハードディスク)にあるホームページデータをホスト(サーバー)側へ全部転送したそうだ、そしたら何も見られなくなったらしい。

 お~い。それはやばいで。ローカル側で正しく表示されなかったものを、むやみにホスト側に転送したらあかんがな・・・。
 もしクライアントさん側でバックアップを取ってなかったら、こちらにあるバックアップが7月15日なので、3か月分がぶっ飛ぶことになるよ~。ということは、クライアントさんは1ヶ月に2回、大勢の弁護士さんが記事を更新するので、6回分×記事数(だいたい4~5)=30の原稿が消えたことになる。

Oh~! My God!


 思わず母国語が出た。(ウソです。東京生まれの浪花育ちでおます)

 ワタシの3連休が・・・。持ち帰り仕事が山ほどあったのに・・・それが出来なくなる・・・。
 眼の前が暗くなっていくのを感じながら、〝とりあえず見てみます〟と電話を切り確認を。

〝うん?〟ちゃんと映っている。別に問題はおまへんがな。


 以前に取り込まれたキャッシュを見ているのかも知れないと思い、インターネット一時ファイル、履歴、閲覧ファイルをすべて削除してもう一度見てみたが、問題なく正常に表示されていた。もちろん新しいページも綺麗に出来上がって更新されている。

 原因はどうもサーバーに更新したパソコンだけにあるみたいだ。そう担当者さんに伝えると向うも安心したのか元気な声に。

 勘弁してくださいよぉ。何事も無かったからよかったけど、これがファイルごと潰していたらと思うと胃の中がゲロリンとひっくり返る気分でッせ。
バックアップは頻繁にお願いしますよ~。

1週間分の仕事を瞬時に消し去り、1日で復旧させた〝あほ〟が言っているんすから・・・。

あの時は死ぬかと思った。