thank you for your access
デジタル降魔録は組み込み制御屋である私のお馬鹿な日々を綴った日記風のホームページです。

初めてのFlash PIC
【 初めてのFlash PIC 】詳細


【 肝とりカツ 】詳細



音ネタバイキング
製作:キーオス
販売:(株)アートグローブ

かんたん相互リンク ゲットFlash Flash道場 クーリングオフ代行手続専門法務事務所 アクセスアップにX-TOOLS! mayu search Yuuchan'sRoom SEO対策ディレクトリ型検索エンジン Su-Jine タウンネット・コム アクセスアップは相互リンクで
相互リンクがアクセスアップ



当ホームページはリンクフリーです。

リンク後メールを頂けましたら、相互リンクさせていただきます。

なお迷惑メール防止のため、下記メールアドレスは画像となっております。


バナーは下記の物をご自由お持ち帰りください



(修)…マークは修正が入った事を意味します。数字はその回数です。


2018年 4月17日(火)18.0℃(午前9時 5分)

Sound Effects を思う……

進む

ガネーシャと一緒に作った効果音2500発、題して『音ネタバイキング』。このサイトの左リストに並んでいて『なんだこれ?』と思われた方もいるかも知れませんが、それがそうです。正確には効果音2556個を2枚のCDに収録した物です。
 この音源データがこのたびオーディオストックさんで扱っていただくことになりました。

 はい拍手ぅ。パチパチパチ……。
 あれ? 一抹の孤独感が……。

 このサイトさんは日本最大級のBGM・効果音など音楽素材を集められている、放送局御用達の音源販売サイトさんです。

「音源?」
 そう。音です。

「誰が使うの?」
 クリエーターのみなさんです。

 実はワタシもそのはしくれでして、遠い昔からやっております。音源からアニメーション。最近では映像編集から、言葉を並べる楽しさも覚えて、あっちゃこっちゃで、臭そうな『ハンネ』で出没しております。そうです。ワタシです。

 その中でも映像関係では無くてはならないのがBGMと効果音、SEです。BGMに関しては説明の必要がないでしょう。でもいざ映像を作ってみるとSEも案外重要なパーツだということに気付かれると思います。

「でもしょせん音でしょ?」
 そう思われるかもしれません。でもワタシたちの頭の中には現実とは異なる音がたくさんインプットとされています。それを引き出すのがクリエーターのみなさんです。

 たとえば……あるクリエーターさんがつぶやきます。
「あ~。ここにバネの弾けるような音が欲しいなぁ」
 ても手元にバネは無く、あったとしても『ビョォォ~ン』とアニメっちくな音が出て弾けるわけではありません。

 ほんとかどうか、もしお手元にバネがある方は実際に弾かせてみてください。『ビョォォ~ン』という音は出ません。でも多くの人は、バネが弾けたら『ビョォォ~ン』と音がしたほうが安心するはずです。

 これがSE、効果音のなせる業。焚火の映像に薪が爆(は)ぜる『パチパチ』という音を入れるだけでぐいーんとリアルになるのは、炎が出す純粋な音では無く焚火のイメージが引き出されるからです。

 こんな音が2550個もストックがあるとクリエーターの人たちは安心して作業に励めると……希望する次第です。
 はい。
 興味がある方はこちらへどうぞ→ https://audiostock.jp/account/19271


 ところでガネーシャから言われる前に、先に釘を刺しておきましよう。追加の音源を作ってくれと言われてももう手一杯です。





2018年 4月 7日(土)18.5℃(午前9時9分)

After Effects 乗り換え騒動、その4……

進む 戻る

さて。第4弾です。
久しぶりに貰った三日間の休暇も、今日のお昼までで、また騒がしい日々がやってきます。修正メールに連続する素材のダウンロード。その嵐に巻き込まれる前に、今回は『パペットピンツール』です。

 パペットって操り人形とか指人形のことを言います。昔テレビで牛とカエルだけの指人形で一世を風靡した芸人さんもいました。今も子供向け番組で大活躍中だそうです。
 そのマペット……じゃない。パペットです。

 Aeに搭載されている『パペットピンツール』もそれをイメージさせるものですが、別に指にお人形さんをはめるわけであありません。
 とりあず次のムービーを見てください。



前回の『突風サクラ』の時に歌を唄っていた小豚の女の子ですが、この動きが『パペットピンツール』です。
 あ。そうそう。今回もキャラ提供は Caramel bon さんです。いつもありがとうございます。

 Flashでもボーンツールというのがあって、手足に関節の元となるジョイントと呼ばれるものを設定してその位置を時間的に動かしていました。
 Aeでも同じように『パペットピンツール』で関節みたいなモノを指定します。ただFlashと大きく異なるのは手足関節すべてをバラバラにしたムービークリップで構成するのではなく、1枚の画像の変形で動いているように見せています。
 やろうと思えば手足、顔、胴体を個々のレイヤに画像を分けて、それぞれにパペットピンを打てば、ほぼ同じことができますが、今回はマイクを持つ手だけを別レイヤーにして個別に動かしています。


『パペットピンツール』はツールパネルの右端にあります



 下が小豚ちゃんの画像に『パペットピン』を打ちこんだ場所です。



鼻の頭。マイクの上、左手、おなかの下、などにある黄色い点がそれです。打たれた部分を動かすとその周辺だけが変形し、他は動きません。
今回は鼻の頭のパペットピンを下記のように動かせています。





タイムラインとレイヤーパネルは下のような感じで、タイムラインパネルの上で点々と見えるのがキーフレーム。変化点ですね。




 Flashと違ってあくまでも変形ですので、無理な動きをすれば気持ちの悪い結果になります。
 次の映像は唄い終わった後、無理やり頭を下げさせてみました。見ていただくとお解りのように気持ち悪い動きをします。
 やはりパペットツールは変形の延長だということがはっきりします。やり過ぎには注意しましよう。



 Aeを使うととても滑らかな動きになるのがたまりません。パペットピンも上手に使えば意外と便利なツールです。






2018年 4月 4日(水)23℃(午前9時9分)

最近思うこと……

進む 戻る

最近だんだん強く思うようになってきました。
 世のホームページ、ブログ等が広告にまみれてきたことを……。
 広告の良し悪し云々を書く気は無いのですが、あまりにひどい。節度を越えていませんか、と。

 たとえば何かが気になって検索でもしようものなら、次からそれに関する広告がいたるサイトで乱舞。

 おいおい、なんじゃこりゃ……。

 そうです。ワタクシいちおう稚拙な文章ではありますが、SFなんぞも書いておりまして、そのためには資料探しにネット検索をするわけでして……例えば、季節設定を夏にしたならば、その季節の女性の衣服はどんなものなのだろう?

 と疑問を持っても我が家にいる女性はすでにオッサン化しておりまして……(あー。ゴメンなさい)カミさんのヘッドロックはマジ痛いのです。

 ま。カミさんのオッサン化はどうでもいいのですが……。

 小説の中に出てくる女性は若く美しくありたいので(わあー。スミマセン)、ファッションも詳しく描写しなければと、流行りの衣服をインナーからアウターまで念入りに検索して。ついでにモデルさんが着込んだ写真を眺めて……
 あのー。あくまでも参考資料とするための研究材料として眺めているだけであって、やましい気持ちはこれっぽちもありません。資料です。資料。

 で、なるほど夏物はこういう感じかとつぶやき。おもむろにテキストエディッタで文章に書き綴ります。例えばこんな感じ。

『白色のサマーセーターは、風通しをよくするためにざっくりと編まれており、淡い色の下着が薄っすらと透き通って見えるのもなんだかたまらなくそそるし、レース編みで裾を縁取ったタイトなミニスカートから伸びる両脚は、ストッキングも穿かない完璧な素足であるにもかかわらず猛烈に眩しかった』

 てな感じで、また次の検索をしようとネットを立ち上げると、サイトの上は女性物の下着とかミニスカートの広告で埋め尽くされているのです。

 おーい。これだとワタシはヘンタイですと認定されたみたいなんすけど……。
 となって広告の『×』ボタンを押して『興味無し』という設定に変更しまくるのです。何とかしてください。グーグルさん。

 まだあります。

 確定申告をパソコンから行おうとして、税務相談所から貰って来たパンフレットに書かれていたアドレスへ飛んだ時のことです。

 税務相談所にあったパンフレットなので、国税庁のホームページ(HP)だと思っていたのですが、どうも違うようで、それらしいことが書かれていて確かに税務関係のHPでしたが、その内容が薄いのです。

 読んで行くと、途中にいくつものリンクボタンが貼ってあり、大きなアイコンで『今すぐ確定申告を始める』と書かれていれば、「ああ。こっちかぁ」となってすぐに押しますよね。で、押した先で表示されるのはエロサイト。てなことはありませんが、結局どこかのビジネス関係の会社へ誘導されるだけ。

 なんだよー。ワタシは確定申告をPCでやりたいだけなのだー。

 仕方がないので元の記事に戻って先を読み始めた途端。そうです、数行ほどの文字が書かれていて、またすぐに『確定申告作成』『インターネットで確定申告』とかのボタンが並んでいるので「こっちかぁ」と思いつつ押すと、やっぱり同じ会社に誘導されます。

 リンク文字がなんだかワザと誘っているのように感じるのは、ワタシのその時の心境が影響しているからでしょうか。そう一刻も早く国税庁のHPへ行って確定申告を始めたいだけなのです。前口上など不必要なんです。

 で先を読み進むにつれ内容は同じことの繰り返しをしており、わけの解らない勧誘めいた文章がずらずらと並んでいるだけで肝心の国税庁の申告ページにたどり着けずでした。

 なんだこりゃ?
 税務相談所もこことイッチョ噛みしていることが解っただけでなにも進展せず。

 しかたがないので検索サイトへ移動して、はっきりと『国税庁』とだけ入れてみると、
『国税庁ホームページ』
『国税庁 確定申告書作成コーナー』
 とか並んでいるので、やれやれと思ってリンク先へ移動すると、ぬあーんと、またさっきのサイト。

 どないなっとんやー!

 となってもう一度、サイト検索へ戻ってよく見ると、リンクの下に『広告』と緑地で白の文字で書かれていました。
 しかしその数の多いこと。しかも先頭からずらっと並んでいるこの紛らわしさ。結局、国税庁HPは『広告』と書かれていないリンクの先でした。しかも国税庁と同じリンクテキストを並べるあたり、妙な作為を感じますねー。

 確定申告時期は忙しくて皆さんイラついているのに、これでは怒り心頭でしょう。
 いまネットのほとんどのサイトではこんな感じです。おもしろいブログを書かれている方も多くおられるのに関連する企業へ誘導するリンクボタンがずらずらと並んで、いくばくかの広告掲載料をいただいているのでしょうが、肝心要の中身が飛び飛びになって最後まで読む気が無くなるというのはどうかと思います。

 このサイトにも時々広告載せませんかとメールをいただくのですが、オモチャにされるのが嫌で常にお断りしてきました。
 まぁ、その結果がこれで、殺風景で仕方ありませんが……。

 ぬははは。

閑古鳥が鳴いている……σ(^_^;)アセアセ...


ちなみに数々のアプリやデザイン系列の会社さんの紹介をここで行っていますが、広告料は一切いただいておりません。




2018年 4月 1日(日)20.5℃(午後4時49分)

After Effects 乗り換え騒動、その3……

進む 戻る

気付けばすでに季節は春真っただ中。
 ガネーシャからやっと休暇をもらったのですが、やっぱりじっとできずに朝からこのサイトで遊んでいます。
 あー。ガネーシャって誰だ? と思われる方は左の欄にあるサイト内検索で『ガネーシャ』と打ちこんで検索してみてください。たくさん出てきますので、ワタシとの関係がお解りになると思います。


 さてAe(After Effects)乗り換え騒動その3はパーティクルです。
 バラエティ番組とかでも多用されているお星さまキラキラ効果です。
 写真でお見せするとこんな感じ。



Flashではやりたくても出来なかったパーティクルです。
 上記の写真ほどのキラキラならムービクリップを並べて手作りで動かすか、アクションスクリプトを駆使して可能ですが、滑らかに美しく、かつ大量の光のキラキラを放出するのはだいぶ無理があります。

 ところがAeを使うと簡単にできます。
 と、教本には書かれていますが、素人がいざやろうとするとなかなか高い壁がありました。

 とにかくやってみましよう。

 まずは新規コンポジション、Flashで言うところの『シーン』です。
 で。それを作るのですが、今や普通になってしまったワイド画面に合わせるために幅1920、高さ1080の……といきたいですが、これではとてつもなく大きなファイルになります。ここは貧乏サイトですので、ファイルサイズもケチって、幅424、高さ240の16:9にします。

 新規コンポジションを拵えたら、そこへ平面レイヤーを作って、『エフェクト&プリセット』から、シミュレーション→CC Particle Worldを載せます。

 すると載せた瞬間にパーティクルがセットされます。
 下記の画像をクリックすると、しょぼい動画が始まりますのでご覧ください。


【なんじゃこりゃ?】の巻き

どうです?
 じゃねえよ。花火じゃんか。昔やったことのあるドラゴン花火じゃん。

 ちゅうか。ぜんぜん光のパーティクルじゃねえ……っす。

 ああ。ひたすらショックです。
 いったい何が悪いの?

 で考えます。
 ワタシは星が作りたいのである。

 設定欄を見ると、particle → particle Type てのがあります。そこにありました『Star』が。
 セットした途端、ドラゴン花火みたいなのがお星ちゃんに。

 気を良くしてさて動かします。動かすのは、Producer→PositionXとYで画面左下に移動させてキーフレームをぽちっと。
 ここ注意です。タイムラインの再生ヘッドがフレーム1、スタート位置になっていますか?
 ワタシはしょっちゅう違う位置にあるのに気づかず、変な場所にキーフレームを打って失敗しています。
 で、次は終了位置。素早く動いたほうがカッコいいので15フレーム先、0.5秒の位置まで再生ヘッドを移動させて、X,Y位置も右上に移動です。

 セットしたらタイムラインパネルはこんな感じになります。






 レイヤーパネルのエフェクトセッティングはこんな感じ








 さぁ。準備は完了。動かしましょう。下記の写真をクリックするとしょぼいですが動き出します。


【おーい。打ち上げ花火が引っ掛かったぞー】の巻き

おおぉ。それっぽくなってきた。
 ……はれ? 光の星がダダ漏れだじぇ?
 なんかー。打ち上げ花火が木に引っかかって燃えてるー、みたいな絵ですけど……。

 パーティクルって、どうやって止めんの?

 映像時間が来れば停止しますが……って、それでは止めるの意味が違います。
 すっきりと噴出が止まってほしいのです。

 で、悩むこと二日。そう。こんなことに二日も悩みました。

 気付いたのは、Aeはほとんどのプロパティを時間の経過と共に変化させることができる、です。
 噴出する星の量を決めるのは、Birth Rateです。現時点では『2.0』で固定しています。これを止めたい時間がきたら『0』のキーフレームを打てばいいのでは?

 で、やったのが次です。



【完璧打ち上げ花火】の巻き

パーティクルと言うよりも打ち上げ花火になってしまいましたが、ちゃんと噴出が止まりました。

 気を良くして他のプロパティをいじくり倒して、最終的にこうなりました。



【ひとまず完成】の巻き

Physicsという項目の中に『Gravity』というのがあります。これはパーティクル設定の中でも重要な部類に入ることに気付きました。

 ちなみに『Gravity』とは重力のことです。つまりパーティクル一つ一つにかかる重力の強さを加減するのです。最終的に『0.5』から『0.2』にして軽い重力設定にしてやんわり広がるようにしました。

 何が重要かというと……。
 Gravityは負の数値にもできるのです。負にするとどうなるか。

 そうです。パーティクルが地面に落ちずに空中へ舞い上がっていきます。
 舞い上がる?

 舞い上がるモノって何があるでしょうか。
 ホコリ?
 木の葉?
 花びら?
 水中の泡?

 ホコリが舞い上がるのは自分の仕事場だけで十分なので、まずは泡に挑戦。
 キャラクターは久しぶりのCaramel-bonさんの可愛い絵です。



【何見てんだよ!】の巻き

まだ詰めが甘いですが、結構リアルな水中の泡となりました。



 次は『お花見でカラオケをしていたら風に舞い上がる花びらに襲われた……の巻き』です



【突風サクラ】

風で花びらが舞い散るというよりも、バックスバニーでも駆け抜けたような勢いですが。そこは大目に見てください。

ちなみに上の動画には他にもエフェクトを追加しています。
 ブラー&シャープ → ブラー(滑らか)。

 ブラーを『0.4』ほど掛けて花びらのジャギーを抑えてあります。


 出来てしまえば簡単なのですが、いかんせん設定が多すぎます。
 で、まとめてみました。

 CC Particle Worldのエフェクトセッティングの欄をご覧ください。



大きく分けて
・Birth Rate
・Longevity(sec)
・Producer
・Physics
・Particle
・Extra
 があります。

 Birth Rateは放出する星の数です。時間経過と共にキーフレームを打って変化させると面白くなります。桜がチラチラ舞い降りてくる初期段階では『0.1』ほどですが、一斉に飛び散る時は一気に『200』まで上げています。

 Longevity(sec)はパーティクルの誕生から消滅までの時間です。大きいほど長寿命になります
 泡とか星の場合はある程度で消えないと不自然ですが、逆に花びらは消えないほうがいいということで、25秒に設定して消えるのを防いでいます。

 Producerは、パーティクル放出ポイントの位置や奥行き感などの調整をします。もちろん時間と共に変化できるのでお忘れなく。
 桜散るムービーでは『RadiusZ』を『1』まで上げて奥行き感を出して、桜の花びらが迫ってくるような雰囲気を出しています。

 Physicsは、物理設定。重力を減らして泡のように浮き上がらせたり、花びらのように風に舞い散る感じを出したり、逆に数値を上げて重々しく落としたり、時間的に変化させて爆発する砂山みたいに、ドンっと飛び上がったかと思うとどさっと落ちる感じを作ったりできます。
 またPhysicsのVelocityは、少なくすると外に向かって広がっていく感じになります。桜の花びらをチラチラさせているときは『1.55』にして、ドバっと出すほうは『0.2」まで下げています。

 Particleは、そのままパーティクル設定です。『Particle Type』には、星やリングなど規定値として形が揃っていますし、桜の花びらのように
自分で作ったものをパーティクルとすることも出来ます。

 そのやり方ですが、まず桜の花びらをイラストレイヤーなどで1枚だけ作って、Aeのレイヤーパネルに配置します。
 そのレイヤーは参照レイヤーとなりますので、そのままガイドレイヤーにしてしまうか『目』のアイコンを押して消しておいて構いません。
『Particle Type』を『Texured Quad Polygon』にして、『Texture Layer』で、桜の花びらレイヤーを選択すれば、花びらがパーティクルとして適応されます。

 こんな細かいことを滑らかに動かしてくれるなんて、Flashでは到底無理でした。Aeを触ろうとしている方はぜひ遊んでみてください。

次はパペット機能です。





2018年 2月26日(月)12℃(午前8時17分)

After Effects 乗り換え騒動、その2……

進む 戻る

あーさて。ここからはAfter Effects 略してAeと書きます。

 Flashとよく似ていると前回書きましたが、もっと複雑なことができますし、痒いところにまで手が届くような仕組みになっていますので似ていると書いたのはほんの一部だけと思ってください。

 強いて言うと、キーフレームを打って画像の位置や角度などを時間的に動かすあたりは同じですが、その画像に掛けるエフェクト(効果)の設定値まで時間的に変化させることができるのは、やはり決定的に違います。

 例えばマスクの境界線をシャープな状態からゆっくりとぼかしていくなんて、Flashではできなかったことがいとも簡単にできてしまいます。マスクと言うのは、ある画像の見せたい部分だけを切り抜く操作ですが、Flashではその境目がスパッと切り取ったようになっていて、これはこれでいいのですが、境目をぼかしたいなーと思っても出来ませんでした。Aeではそれが可能で時間的変化までしてくれます。

 AeでもFlashと同じで、レイヤーとタイムラインが一本化されています。ですが大きく違うところがあって初めのうち大変戸惑いました。



Flashでのタイムラインとレイヤーパネル

これがFlashのタイムラインとレイヤーパネルで――。



Aeでのタイムラインとレイヤーパネル

この写真がAeでのレイヤーパネルとタイムラインパネルです。Flashと同じように左側にレイヤー、右側がタイムラインです。
 右端にある赤い一本の細いラインが再生ヘッドの位置を表しています。つまりこの写真ではちょっとしか映っていませんが、その時間位置での現在の映像が上の方に映っています。
 タイムライン上、黒褐色の部分に並んだ粒々がキーフレームです。その時々の変化点を表しています。

 Flashではタイムライン上をクリックするとその位置に再生ヘッドが移動しますが、Aeは動きません。これがとんでもなく苦痛でした。理由はAeではキーフレームのコピペをキーフレームを直接クリックして、あるいは範囲をドラッグしてまとめてコピーして再生ヘッドの位置へペーストという楽ちんな操作を可能にしているためですね。ただし常に再生ヘッドの位置を意識していないと、とんでもない場所にキーフレームが打たれてぐちゃぐちゃになって、あちゃー、てなことになります。

 次に戸惑ったのが、レイヤーとタイムラインの考え方です。

 一つのレイヤーに一つタイムラインというところまではFlashと同じなのですが、Flashではシンボル(絵)の発生と消滅を同一タイムラインで可能にしています。空のキーフレームと言うのがそれで、それを置くとシンボルが消えます。点滅させたいときはシンボルを置いたキーフレームと空のキーフレームを交互に置けば簡単にできますが、Aeでは少々様子が変わります。

 タイムラインのレイヤーバーが切れるとは知らなかったため、不透明度を100%から0%にするキーフレームを交互に置いて対処していました。でもこれだと点滅の時間を後から調整するのに、チマチマすべてのキーフレームの位置を加減しなければいけません。こんなのやっとれんなーとぼやいていました。

 しかしあまりに不便で、何かないかと頭を捻っていたら、タイムラインのレイヤーバーを切ればよいとなりました。そしてもう一度、登場させるには、新たなレイヤーをコピーして、登場させたい位置から表示すればいいのです。ただし点滅させる回数分、レイヤーが増えてしまいますが、これはこれで仕方がないのでしょうか?
 現時点ではこれしかなさそうです。

 写真のようにタイムライン上に並んだオレンジや緑のレイヤーバーが切れたり、伸びたりしているのはそんな理由からです。

 ただレイヤーバーを切ったり伸ばしたり、これをマウスで行うのは大変で、何かないかなと調べたところ、次のショートカットキーを見つけて、涙が出るほど感激しました。

タイムライン上のレイヤーバーを再生ヘッドより左側を切り取るショートカットキーは。
alt+[

で、右側を切る時は、
alt+]
です。

レイヤーのコピーは、
ctrl+D

で、再生ヘッド位置から切り取ってそれを上のレイヤーにコピーするという便利なショートカットキーは、
ctrl+Shift+D
です。

 これだけでも涙がちょちょ切れました。



 まだまだAe精進は続きますが、今日はここまでで……。





2018年 2月21日(水)10℃(午前5時17分)

ネクストジェネレーションがやって来た……

進む 戻る

 体調不良と納期に追われる日々を過ごしていたら、もう二月も後半でした。
 ひとまず生きています。
 でも非常に焦っていました。それは製作するモノの要求を満たすには、新たなアプリケーションを使う事態になったため、その操作に慣れる期間と納期が重なったためです。

 新しいアプリとはAfter Effects という映像編集ソフトです。Web上でアニメーションを作るFlashのプロ仕様版と言えば少々乱暴かもしれませんが言い得ているかもしれません。
 ちなみにAdobeでは2016年にFlashをAnimate CCと名称を変えています。

 もともとワタシはFlash遣いでした。初めてFlash6を触ってからのめり込みFlash CS6までお付き合いをしていろいろな駄作を拵えて来たのですが、ついに卒業する時が来たわけです。

 After Effectsに乗り換えて最初に思った事。
 Flashは製作物をWeb上で直接動かして見せるモノで、システムエンジニア的な目線で見れば『アセンブラ』だな、です。ところがAfter Effectsは一度動画に変換してから見せる、『C言語』的にいうコンパイラが必要なんだ、でした。

 細かく言えばFlashも最終的に最適化されてエンコードされたモノがWeb上でFlashPlayerを通してユーザーの目に入るわけですが、やはりレンダリングされて純粋な動画になったAfter Effectsのほうが滑らかに動きます。テレビのコマーシャルでもこれを使って作られた映像を数多く見ます。

 しかしFlashにも利点はもちろんあります。直接動かしていますので、双方向操作が可能なこと。つまり出来上がった映像の登場物を、見ている人が操作可能なようにスクリプト言語で、バリバリにプログラム出来ますので、ゲーム的なモノを作るなら断然こっちです。

 ところが……。
 そのFlashが2020年をもってサポート終了と決定されたことです。
 Flashを利用したゲームは今後どうなっていくのでしょうね。

 ちなみに、西宮文学全集はまだまだ健在です。
 今月も更新されています。よろしければご訪問ください。


 結局、文学全集の告知ネタでした。  (。・ ω<)ゞ てへぺろ…





2018年 1月 6日(土)11℃(午後 2時57分)

正月も過ぎて……

進む 戻る

正月が過ぎたというのに、またまた三連休。ダラけますが、お正月はいかがでしたでしょうか?
 ワタシは大みそかであろうと午後9時にはオネムです。子供か!

 仕方ありません。習慣付いた体は容赦してくれません。時間になると睡魔が襲います。
 まー。見なくても無理やり集金に来る放送局の番組は見ませんし。笑ったらお尻を叩かれる番組も、どうだかなぁ~。てな感じで、気が付けば年も明けた午前4時でした。

 昔からこんな白けたことをしていたのかと言うとそうでもなく。十数年前までは西宮文学全集でも書かせていただきましたが、夜中の初もうで巡りでした。住んでいた場所が場所だけに、マジで山道を登らないといけませんので、夜中であろうとハイキング気分です。実際季節が良ければ遠くから電車に乗ってみなさんハイキングにやって来られますので、ハイキングコースになっているのは間違いありません。

 そこからさらに十数年過去にさかのぼると。クルマで鳥取県近くの山へ入り、雪中年越しをして新年を迎えていましたね。雪も膝高を越えると歩くのがとんでもなく苦になりますし、夜中に降雪があるとテントの天井が鼻先に付きそうになり、慌てて雪かきをしたりしてました。

 とまあ。そんな正月が楽しくてバカなことをやっていたのですが……。

 何でこんなことを書いたのかと言うと、正月気分が薄れていくのは自分だけではなく、世の中からもどんどん消えつつあるなと思ったからです。近所に大きな川原があるのに凧はあがっておらず。さらに家の近所では元旦からほぼすべてのスーパーが開いていますし、注連飾りをする家もほとんどありません。家の外にクリスマスの飾りをするのに、お正月の飾りはしない。そんな感じです。駅前の居酒屋さんも元旦から通常営業でした。
 ニュースではファミレスやコンビニが元旦を休みにしたところが多いと聞いたのですが、我が町は逆でした。



何してました?  ┐(^-^;)┌さぁ・・?






2018年 1月 1日(月)10℃(午前 6時40分)

新年早々……

戻る

明けましておめでとうございます 本年もよろしくお願い申し上げます

 年末に奮起した予定はほぼ完了。PCの大掃除だけは出来ずですが、今日も元気に起動しております。

 たったあれだけの予定をクリアできんのかい、と思われるかもしれませんが、なにしろ、隔日に挟まっております『晩酌をすること』という予定をクリアするために躍起になっておりまして、ついしわ寄せがいったワケでして。

 ちなみに、その予定は大晦日もクリアしております。

 1月1日掲載開始のほうもクリアしております。よろしければ笑ってやってください。


今年もこんな感じですが、
よろしくお付き合いのほどお願い申し上げます……(⌒-⌒)